すぐに出て行ってくれと言われて困っている

「すぐに出て行ってほしい」

「なるべく早く立ち退いてもらえますか」

など店舗のオーナーから立ち退き要求を受けていませんか?

 

家賃滞納など契約上の違反をしていない限り、法律上このような立ち退き要求は認められていません。

物件を契約する際は必ず賃貸借契約書を交わしています。

その賃貸借契約書に明記されているはずですが、契約期間満了の6か月前から1年前に通知するべきであることが法律で定められています。

 

つまり、貸主から立ち退きを要求する場合、最低でも半年前には「次の契約は更新しない」「次の契約満了時に出ていってほしい」ということを通知する必要があるのです。

少なくとも半年の猶予はあります。

 

ところが、そのような猶予がなく、冒頭のように「すぐ退去してほしい」という場合は契約違反の可能性があります。ぜひ一度賃貸借契約書を確認しましょう。

 

また、賃貸人から「次の更新はしない」と言われたとしても、正当な事由がない限りは退去する必要はありません。

正当な事由がなければ一方的に解約することはできず、契約は自動更新となります。

契約期間が満了すれば退去しなければならないと思いがちですが、契約期間は基本的には自動更新されますので退去する必要はありません。ぜひ落ち着いて行動なさってください。

 

賃貸人から立ち退き要求を受けると、契約書書面や法律など理解しづらい内容が提示されることもあります。

営業を続けながらそれらの情報を整理するのは労力がかかり、不安を覚えることも多数あるはずです。その際は、立ち退き要求について詳しい弁護士などの専門家へ相談されることをおすすめします。